朗読検定って何?

どんな人が受検するの?

「朗読検定」は、自分の「朗読力」を知るための検定です。
授業や宿題で音読をする小学生から、放送部や演劇部の中高生、大学生、プロの声優やアナウンサー、式典司会者、朗読ボランティアまで、様々な年齢 、職業の方が受検されています。
特に学校教職員、保育士の方には有意義な内容です。
朗読教室アトリエA&Rでは、朗読検定受検に向けて、「朗読検定対策講座」を行っております。

 

<レベルと合格基準>

 

◎朗読検定 4級

対  象

朗読の初心者・入門者

  理論検定  基本25問 ( 3択・空所補充・記述 ) / 50点
実技検定 録音物提出 ( 発声・滑舌・作品朗読 ) / 50点
合格基準 理論検定と実技検定でそれぞれ40点以上を獲得し、合計80点以上

 

◎朗読検定 3級

対  象 朗読発表の経験がある方

理論検定

応用25問 ( 3択・空所補充・記述 ) / 50点
実技検定 録音物提出 ( 滑舌・作品朗読・プロミネンス ) / 50点
 合格基準  理論検定と実技検定でそれぞれ40点以上を獲得し、合計80点以上

 

◎朗読検定 準2級 A・B

対 象

 放送部、演劇部、数回の朗読発表経験をお持ちの方、日本語アクセント辞 

 典の活用ができる方

理論検定

 【Aテスト】発展25問と実技表現計画の提出 / 50点
 【Bテスト】小論文と実技表現計画の提出 / 50点
実技検定  【Aテスト】録音物提出 ( 作品朗読・プロミネンス ) / 50点
 【Bテスト】録音物提出 ( 作品朗読・プロミネンス ) / 50点
合格基準

 Aテスト、Bテスト両方のテストで、理論検定と実技検定でそれぞれ40点以上を

 獲得し、合計80点以上

 

◎朗読検定 2級

   準2級の合格資格保持者

実技検定

   検定員の前で読む対面試験。「初見読み課題」もあるため、準2級と比較し      初見対応力が必要になる高難度試験。

 

◎朗読検定 準1級・1級

対 象  2級の合格資格と、指定コンテストでの入賞者
検定内容  朗読のプロを目指す方、コンテスト入賞を肩書きにしたい方向け。

 

<受験料>

  一般 学割
4級 3,240円   2,160円
3級 5,400円 4,320円
準2級(A・B) 7,560円 6,480円
2級(A・B) 11,880円
準1級 3,240円(「青空文庫朗読コンテスト」にて判定)
1級 3,240円(        〃          )
 
  • 表記価格は税込みです。
  • 2級以上は、指定会場での対面試験のため、学割が適用されません。

 

<検定試験の流れ>

1. 受検の申し込み
  認定教室からお申し込みください。
  朗読教室アトリエA&Rでお申し込みいただけます。
  詳しくはお問い合わせください。
      【朗読教室アトリエA&R TEL:090-6500-0828】
2. 受検料のお支払い
  認定教室の担当者へ受検料を納付してください。
3. 筆記試験
  朗読検定は、学習解答方式を採用しています。
  学習が目的のための試験なので、関連書籍やインターネットなどを活用し、解答しま 
  す。
4. 実技試験
  準2級までの試験は、指定した課題を録音したものをお送りいただく受検方法です。
  認定教室の担当者の案内に従い、課題を録音してください。
5. 課題の送付
  認定教室の担当者の案内に従い、課題を送付してください。
6. 結果通知
  合格者の方には、簡易認定証と合格証が送られます(4級は簡易認定証のみ)。
  また、合格、不合格を問わず、採点講評が送られます。
  結果通知までは、1ヶ月以上かかる場合があります。

★講師資格取得について

プロフェッサー

朗読インストラクター

読み聞かせプラチナインストラクター

読み聞かせゴールドインストラクター

読み聞かせシルバーインストラクター

読み聞かせブロンズインストラクター

 

以上の資格があります。

詳細についてはプロフェッサー(今井理恵子)にお問い合わせいただくか、協会本部HPをご覧ください。